FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2歳の子供がご飯を食べない!幼児食を食べるようになる9つの工夫

fryingpan


子供がご飯を食べてくれないことに悩むお母さんは本当に多いです。


お子さんがいるお母さんの食事についての悩みは、大きくわけて以下の3つです。
  • 食べるのに時間がかかる
  • 偏食、野菜嫌い
  • むら食い


どれも子供の食事のシーンでよくありますね。





特に、離乳食を終えて幼児食になった2歳の子供の食事に悩むお母さんは本当に多い。

2歳の子供と言えば、イヤイヤ期の真っ最中。



せっかく作った食事を食べてくれない

マイペースで食べるのに時間がかかる

集中力がなくて、食事中でもすぐ遊び始めてしまう

食べさせようとすると、すぐ「イヤイヤ」とだだをこねる



食事は毎日3回がずっと続くことなので、疲れ切っているお母さんばかり。

あなたも、幼児食を食べてくれないお子さんの対応に疲れてしまっていませんか?



どうして、こんなに幼児食を食べてくれないのか。

どうしたら食べてくれるのか。



イヤイヤのお子さんが、まるで魔法のように楽しく食べてくれるようになる工夫をお話しします。

crybaby

2歳の子供がご飯を食べない理由


まず、どうして子供がご飯を食べてくれないのか、その理由についてお話します。


「単にイヤイヤ期だからじゃないの?」

そう思ったあなた。

半分正解で半分間違いです。



たしかに、イヤイヤ期だから食べないこともあるかもしれません。

でも、理由はそれだけじゃないんですよ。


お腹がすいていない


お腹がすいていないから食べたくないことはあります。

子供だから、いつもお腹を空かしているわけじゃありません。

その日の活動量によって、当然お腹の空き具合も違ってきます。

子供は胃腸の消化器官も未発達だから、まだお腹に残っているのかもしれません。



子供はまだ成長途中で、自分の体のことをよくわかっていないものです。

体が食べ物をあまり必要とせず、お腹がすいていないことを子供自身がわかっていないことも多いんですよ。

本能で「食べたくない」というシチュエーションを理解することが必要です。


食べるためのパワーがない


2歳くらいの小さいお子さんは、まだ体力やパワーが少ないもの。

食べるときに必要な噛む動きや飲み込む動きは、意外に子供にとって大変だったりします。


使えているときや眠いときなどは、食べるためのパワーが残っていなくて食べることがなかなかできないんです。


朝に起きたばかりで眠くて食べるのが大変。

保育園でいっぱい遊んで疲れちゃって食べるのが大変。


こんなことは珍しくありません。


嫌なことがあって食べる気分じゃない


何か嫌なことがあって食べたくない気分なのかもしれません。

大人だって、嫌なことがあって落ち込んだら食欲がなくなって食べる気が起きませんよね。

子供だって当然同じですよ。


ただ、子供の場合は「こういう嫌なことがあったから食べたくない」という気持ちを、うまく伝えることができなかったり、
両親を悲しませたくない気持ちから隠してしまったりします。


子供が食べたくない理由が全く伝わらず、親御さんが困惑してしまうのです。


嫌いな献立


単純に好き嫌いもありえます。

2歳の子供の場合は、離乳食から離れたばかりです。

幼児食という世界は、初めて体験する食べ物ばかり。


味はもちろん、口に入れたときの食感まで全部が初めての体験。

食感で食べるのが嫌なのかもしれませんよ。


野菜の苦みを敏感に感じている


子供はすごく味に敏感です。

年をとっていくと舌の細胞がどんどん少なくなるので、苦みを感じにくくなります。


大人になって野菜の味がわかるようになって食べられるようになった。

野菜の苦みをおいしいと感じるようになった。


これって、実は子供のころより苦みを感じにくくなったからなんですよ。


大人になって味覚が変わる大きな原因は、舌が苦みを感じにくくなるから。

ぶっちゃけ言うと、味に鈍感になるからなんですね。



どうして、こんなに野菜を苦いって言うの?

そんなに苦くないじゃん!


こう思って首をひねり続けるお母さん、

あなたが思っている以上に子供はもっともっと野菜に苦みを感じているんですよ。

意外すぎ!子供が野菜を食べない2つの理由と偏食を治すベストな方法


eatingbaby

2歳の子供が幼児食を食べてくれるための工夫


2歳のお子さんが幼児食を食べてくれないのに、いろいろな理由があるのはわかりました。


理由がわかっても、解決する方法がないと意味がありませんよね。

そこで、2歳のお子さんが幼児食を楽しく食べてくれるようになる食事の時の工夫をあなたにお話しします。


ご飯の量を減らす


いつも食べるのに時間がかかる、いつも残してしまう。

そんなときは、思い切ってご飯の全体量を減らしてみましょう。


たくさん食べて栄養素をたくさんとって大きく成長してほしい親心はとても立派です。

でも、人間は食べる量に限界があります。

特に、小さい子供は大人が思ってる以上に量が食べられないものです。


あなたは、食事の用意にはりきりすぎて、たくさんの量を作っちゃっていませんか?


食べ過ぎは胃腸に大きな負担がかかってお腹を壊したり下痢したりする原因になります。

ご飯の量を減らして様子を見てみましょう。


おかずを一口大の大きさにそろえる


子供は噛むパワーや飲み込むパワーがそれほど大きくないことをお話ししましたね。

大きい形のおかずを噛み切ってモグモグ噛んでいくのは、小さい子供にとってとても大変。


そこで、おかずの大きさを子供の一口大の大きさに切りそろえてみましょう。

たったこれだけで、子供にかかる負担がグンと減ります。

食事が大変なものというイメージがなくなり、食べたくない気持ちがなくなっていきますよ。


おかずだけでなく、お米のご飯も一口大のおにぎりにしてあげるともっと効果的です。


子供と一緒に食事の用意をする


親子で一緒に食事の用意をするのが意外といいんです。

食器を並べてもらうくらいの簡単なことをお子さんに手伝ってもらうだけでいいです。

食事の用意の共同作業をしたことをお子さんが感じればOK。


それだけで食事を食べることに対して積極的になってくれますよ。


家族そろっての食事時間にする


なるべく家族全員がそろって食事するようにしてください。

家族そろっての楽しい食事タイムがお子さんには必要です。


食事の時間が楽しいものになれば、食べることを嫌がることはきっとなくなりますよ。


親がおいしそうに食べて完食する


子供は親の背中を見て育つ。

よく言われる子育ての名言ですね。


子供は親の行動をしっかり見ています。


食事の姿も同じ。

見本となる親がおいしそうに楽しそうに食事をしていないとか、残しちゃってばかりなんて姿を見せてはダメ。


親御さんがしっかり見本になって、楽しく残さず食べる姿をお子さんに見せてあげてください。


30分を目安に食事時間を区切る


最初のうちは、なかなか効果が出るまでに時間がかかります。

また、日によっていろんな理由が重なって食べなくなるもの。


そうそういつもうまくいって食べてくれるとは限りません。


そういうときは、思い切って食事時間を30分に区切って終わりにしてしまいましょう。

30分かかって食べ終わりそうもなければ、そのままズルズルと1時間以上たってしまうものです。


「子供が食べているところを取り上げるなんてひどい!」と言われそうですが、

お子さんにはお食事は30分で終わらせようねとちゃんと普段から言っておきましょう。

30分経って終わりにするときも、お子さんとちゃんとお話しして納得してから片付けるようにしてください。

cutcarrot

子供の野菜嫌いを克服するための工夫


2歳のお子さんに幼児食を食べさせるための工夫をお話ししました。


ところが、この工夫だけではどう対処しようもできない問題があります。

野菜の苦み。


苦くてどうしても食べられない問題を解決するには、もっと工夫が必要です。

そのための解決法をお話しします。


野菜を細かく刻んで料理に混ぜる


よくある定番の方法ですね。


ニンジンやピーマンなどの野菜を細かく刻んで、ハンバーグやピラフなどに混ぜて料理する。

気づかないうちに食べられちゃいます。


手間はかかりますが、野菜を食べさせるには効果がとても大きいです。


「苦みがおいしいんだよ」と優しく言う


野菜が苦いという子には、「その苦みがおいしいんだよ」という一言を言ってみてください。


苦い=まずい、という固定観念を持っている子供にはすごく有効な方法です。


大人だって野菜の苦みは少なからず感じているんだよ。

その苦みをおいしいと思って食べているんだよ。


その事実を話してあげることで、苦いからおいしくなくて食べられないという先入観をなくすことができます。

あなたのお子さんが、苦いという一点だけで野菜を食べないのならぜひ試してみてください。


食べたら褒めてあげる


工夫して食べてくれたにせよ、自分から食べてくれたにせよ、食べたら褒めてあげてください。

食べるのが当たり前という姿勢を見せてしまってはいけません。


食べられたという小さな成功体験をきちんと褒めていくことで、もっともっと食事が楽しくなってどんどん食べるようになってくれますよ。

batsu

子供の偏食の克服に絶対にやってはいけないこと


ここまで、2歳の子供が幼児食を食べない理由と、楽しく幼児食を食べるようになる工夫をお話してきました。

あなたのお子さんも、きっと幼児食を毎日たのしく食べるようになれますよ。


でも、せっかくいい方法を続けていても、絶対にNGなことをしてしまってはいけません。

あなたのお子さんがいつまでも食べないようになってしまいますよ。


ここで、絶対にやってはいけないことを3つおさえておきましょう。


無理に食べさせようとする


無理に食べさせようとするのは絶対にNGです。

焦ってしまう気持ちはわかりますが、強制してしまうと子供のイヤイヤはますます強くなっちゃいます。

それに、食事をするのが楽しくなくなってしまい、もっと食べないようになります。


根気強くお子さんを見守ってあげましょう。


子供が食べないことに不機嫌になる


せっかくたくさんの時間と手間をかけていろいろ工夫しているのに、食べてくれないからと言って不機嫌になってはダメです。

お子さんが食べないのを褒めろとは言いませんが、食べなくても辛抱強く続けていきましょう。


食べないことでお母さんが不機嫌になってしまうことは、お子さんにとってとてもつらくて悲しいことです。

食事がとてもつらいものとして刷り込まれてしまい、食べることにも消極的になってしまいます。


食べたら褒めてあげてほしいですが、もし食べてくれなかったとしても気にしない素振りでいるようにしましょう。


野菜不足や栄養不足などの理論を言う


「ちゃんと食べないと大きくなれませんよ!」

「栄養が足りないと体が病気になっちゃうわよ!」


子供にしっかり食べてほしいあまり、ついつい親が口走ってしまう言葉です。

でも、こういう理論を2歳の小さいお子さんに言ってはいけません。


これは大人の理論であり、小さいお子さんが理解できるような内容じゃありません。

大人が上から言っている状況になり、お子さんがますます委縮してしまいます。


きちんと子供目線に立って克服していくことが一番大事なことです。

子供には難しい理論を言って叱ることは絶対にしてはいけません。

eatgrape

子供の成長は長い目で見ていく気持ちで


幼児食を食べてくれるようになるための工夫をたくさんお話してきました。

あなたのできるところから少しずつ始めていってください。


最初のうちは、なかなか状況が変わらなくて落ち込むこともあるかもしれません。

でも、食育は長い目で見ることだって大切です。


食事の時間は毎日必ず訪れるものです。

毎日の食事の1回1回に一喜一憂しないようにすることがコツです。



それでも、食べない子供の姿にどうしても焦って叱ってしまいそうなら、こちらの工夫も試してみてください。

野菜嫌いの子供でも大丈夫!偏食を叱らずに楽しく克服できちゃう方法



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

yasaiwotoru

Author:yasaiwotoru
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。