野菜嫌いの子供でも大丈夫!偏食を叱らずに楽しく克服できちゃう方法

cooking1

子供の野菜嫌いや偏食は、子育て中のママにとって大きな悩みです。

母乳を飲むころや離乳食を食べるころと違って、2歳くらいになると好き嫌いがはっきり出はじめます。


また、1歳~2歳くらいからはいわゆる「イヤイヤ期」になって、なにかと「食べたくない」と言い出します。

つまり、2歳から3歳の幼児期は野菜を食べない時期のピークと言えます。

ピークを過ぎて5歳くらいになっても、野菜が苦手でずっと食べないなんてことも珍しくありません。


親としては、子供の成長のことを考えるとちゃんと野菜を食べてほしい。

でも、「苦い」「おいしくない」「食べたくない」と言うだけで食べてくれる様子がない。

たとえ食べたとしても、いつも好きな野菜しか食べない。

「野菜もちゃんと食べなさい!!!」と思わず子供を叱りつけてしまって後悔する毎日。


これでは、野菜嫌いが治るどころか食育の面でもよくありません。

親からきつく言われた子供は「ご飯が楽しくない」と思ってしまい、ますます野菜を食べなくなってしまいます。


野菜嫌いのお子さんに1番必要なことは、食卓の楽しい雰囲気なんです。

食事の楽しさがあってこそ、初めて子供たちは野菜を食べる挑戦ができるんです。


でも、頭ではわかっていてもやっぱり心配はつきないでしょう。

野菜を食べるようになるまであたたかく見守りたいけど、食べてくれるまではずっと野菜不足の食生活を送ることになります。

それまでは栄養不足の食生活になってしまいます。


野菜が苦手なお子さんのために野菜を細かく刻んでハンバーグやお好み焼きに混ぜるなど、レシピを工夫しているお母さんもいらっしゃいます。

毎日の献立を考えるだけでも大変なのに、ここまでレシピを工夫するのはもっと大変です。

しかも、細かくした野菜を混ぜて調理できる料理なんてそうそう多くありません。


「毎日ハンバーグを出すわけにもいかないし、もうどうしたらいいのかわからない!」とお手上げのあなたにぜひ試してほしい方法があります。


ひとてまいです。

ひとてまい


たったスプーン1杯をいつもの食事に混ぜるだけで、不足している栄養素を簡単に補うことができちゃうんです。

ひとてまいを使うと、家族団らんの楽しい食事の雰囲気の中で簡単にお子さんの野菜嫌いを治していけますよ。

スプーン1杯のひとてまいがあなたを安心させてくれる


子供の野菜嫌いや偏食を治そうと必死になるあまり、子供にきつく当たってしまったり叱りつけてしまった経験があなたにもあるでしょう。

原因は、成長期の子供を心配する親心です。

成長期に栄養満点の食事を食べさせて、健康はもちろん身長もぐんぐん伸ばすようにしてやりたい。

子を持つ親なら当然のあたたかい親心です。


でも、いくら子供を心配する親心と言っても、子供の偏食の原因になってしまってはダメです。


子供が野菜を自分から食べてくれるように楽しい雰囲気の食卓を作ることが食育では1番大切です。

ご両親が「おいし~!」と野菜を食べている姿を見せることが、子供にとって最高の食育なのは言うまでもありません。

最高の食育を続けていけば、子供は必ず自分からすすんで野菜を食べてくれます。


子供が自分からすすんで野菜を食べてくれる日を目指すまで、「ちゃんと野菜も食べなさい!」と無理強いしてしまうのは絶対に避けないといけません。

無理に強制して食べさせるのは、しつけではなく押し付けです。


でも、野菜を食べないと栄養不足が心配でついきつく言ってしまいそう・・・

そんな不安を抱えてしまうのも母親の親心です。

そこで、ひとてまいがあなたの食育の役に立つんです。


ひとてまいをスプーン1杯だけ、お子さんが確実に食べてくれる料理に入れて作ってください。


スプーン1杯のひとてまいを入れるだけで、ビタミンB群やビタミンEなどのビタミンをはじめ食物繊維やカルシウムやコラーゲンなどの豊富な栄養素をいつもの食事に簡単に補うことができます。

だから、野菜を食べないお子さんの姿を目の前にしても安心して見守ることができます。

ひとてまいのおかげで、栄養価の高い食事ができているんですから。

curry

どんな料理にもどんな食べ方にも簡単に使える


ひとてまいは、熱を加えて溶ければいいので暖かい料理になら何でも使うことができます。


ご飯を炊くときに一緒に入れてもいいですし、お肉の煮物に混ぜてもいいでしょう。

スープなどの温かい飲み物に入れて溶かして飲むこともできます。

おやつの時間のココアに溶かすのもいいですね。


溶かすことを気にしなければ、ヨーグルトにかけて食べることもできます。

つまり、どんな食べ物でもどんな食べ方でも使えちゃうんです。


どんな食べ方でも、スプーン1杯入れるだけ。

簡単ですね。


私のおすすめは、ひとてまいを入れて炊いた白米を使ったカレーライスです。

カレーはいつの時代も子供にとって永遠の人気メニューですから、食べない子供はいないはずです。



ひとてまいは混ぜてもご飯の味が変わらないのも嬉しいです。

むしろ、ひとてまいをご飯に入れて炊いたらツヤが出て美味しくなったなんて口コミもあるくらいです。


ひとてまいを入れているところをお子さんに見られて「ママ、何を入れてるの?」と聞かれたらこう答えてあげてください。

ご飯をおいしくする魔法の粉を入れてるの、と。

fryingpan

毎日のレシピの自由が無限大になる


ひとてまいを使えば、いつもの食事を栄養たっぷりにすることができます。

子供の野菜不足の対策のために、野菜を細かくして料理にこっそり混ぜるなんて面倒な手間は必要ありません。

調理の手間も時間も節約できます。


しかも、もう1つメリットがあるんです。

レシピを気にしなくて済むことです。


野菜を細かくしてわからないようにこっそり混ぜることができる料理なんてそう多くはありません。

毎日のように細かくした野菜を混ぜたハンバーグを出しても、脂肪の過剰摂取になって子供の健康が心配です。


ひとてまいは、ご飯に混ぜて炊くのはもちろん、いろいろな料理に混ぜて使うことができます。

温かい料理や飲み物ならどんな料理にも溶かすことができます。



レシピが自由に決められるので、献立を決めるときに栄養素や食材を気にしなくていいんです。

子供に野菜を食べさせることを気にするあまり、同じメニューやレシピを使いまわしてしまうと偏食の原因になります。


ひとてまいを使えば、レシピを決める自由が無限大になるので偏食を効果的に解決することができます。


もちろん、ひとてまいは国内生産はもちろん無着色・無香料で保存料もなし。

小さい子供にも安心して食べてもらえます。


ひとてまいを入れた栄養たっぷりのご飯や料理を出して、そのほかに野菜のたっぷり入った野菜料理も自由に作っておかずに出しましょう。

お子さんは野菜料理をすぐには食べてくれないでしょうけど、ひとてまいのおかげで栄養を補うことはできているので安心できます。

安心した気持ちで、いつか野菜をちゃんと食べてくれる日までお子さんをあたたかく見守ることができます。

家族みんなの楽しい食卓の雰囲気を壊すことはありません。


ひとてまいを使うメリットまとめ


子供の野菜嫌いや偏食をどうやって治せばいいのかわからないと悩んでいたあなたももう安心です。

ひとてまいを使えば、あなたのお子さんが野菜を食べないことにイライラして叱る必要はありません。

レシピに苦労することもなく、お子さんの偏食を治すことができます。


最後に、ひとてまいを使うメリットをまとめます。
  • いつものご飯や食事にスプーン1杯を入れるだけで簡単
  • 料理を選ばずに使えて、飲み物にも入れられる
  • 野菜を細かくして料理に混ぜる手間がいらない
  • レシピに悩まず自由に献立を決められる
  • イライラして楽しい食事の雰囲気を壊す心配がない
  • 子供が野菜を食べられる日まであたたかく見守る理想の食育ができる


いくら言っても子供が野菜を食べてくれない。

子供に野菜を食べてもらいたい一心でがんばってレシピを工夫するのも行き詰ってしまった。

野菜を食べないことを心配してストレスとなり、つい子供をきつく叱ってしまっては後悔してしまう。


こんな大変な食育をする必要はもうないんです。

ひとてまいは、あなたの家族との食事の楽しさを変えてくれる幸せの来訪者ですよ。


↓↓↓ひとてまいで今日からあなたの家庭の食卓が変わります




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村



関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

yasaiwotoru

Author:yasaiwotoru
FC2ブログへようこそ!