パセリは実は脇役じゃない!栄養価は主役級に高い野菜だった!

paseri1

今現在、世の中には数多くの野菜があります。

近年は外国からいろいろな野菜が入ってきて、さらに見かける野菜の種類が増えてきました。


たとえば、ズッキーニは今でこそ誰でも知ってる野菜ですが、一昔前には全く知られていなかった外国野菜です。

日本で栽培が始まったのさえ、1980年代になってからなんです。
夏野菜の中でも特におすすめで食べやすい外国野菜のズッキーニ


他にも、アボカドだってこれだけメジャーになったのはつい最近になってからです。

「森のバター」と呼ばれるくらい栄養価が高いアボカドだって、輸入されるようになって知名度が上がったのはつい最近のことです。
アボカドは栄養価が高い果実!その栄養をもっとアップさせる食べ方


日本で食べることができる野菜の種類が増えることはとてもよいことです。

野菜を選ぶ選択肢が増えますし、補うことができる栄養素もたくさん増えることになります。

最近では、海外のセレブに美容効果が高いと評判の「流行野菜」と呼ばれる野菜がすごく人気ですね。
美容や健康への効果が高くて海外セレブに大人気の流行野菜とは?


これだけ野菜の種類が増えている中、悲しいかな主役になれない野菜も数多く存在します。


知名度はあるのに、いつも脇役のような存在。

野菜料理のメインになれず、料理の添え物としてのイメージしかない野菜。

そんな野菜もたくさんありますね。



しかし、脇役と言って甘く見てはいけません。

存在は脇役かもしれませんが、栄養価は主役になれる野菜だってたくさんあるんです。



たとえば、クレソン。

クレソンは、ステーキなどの肉料理の付け合わせのイメージしかないと思います。

付け合わせ以外で見たことがないし、いつも食べずに残しているなんて人も多いでしょう。



でも、それはもったいないですよ。

なぜなら、クレソンの栄養価は野菜で1番ということが最近になって証明されたからです。
クレソンの栄養価が野菜で1位の驚きの理由とおいしいおすすめレシピ


脇役の野菜としか見ていなかったクレソンが、栄養価でトップと聞いたら誰でも驚くでしょう。

このように、存在は脇役でも栄養価は主役という野菜はあるんです。



今回は、クレソンのように肉料理の付け合わせのイメージが強い野菜のパセリについてまとめます。

パセリは野菜料理の主役となることはほとんどありませんし、付け合わせで出てきてもいつも食べずに残している人も本当に多いです。


でも、それは本当にもったいないです。

実は、パセリもクレソンと同じように主役級の栄養価の高さを誇る緑黄色野菜なんですよ。



パセリと言えば、種類にはカーリーパセリとイタリアンパセリがあります。

一般的に、日本でよく見かけるちぢれた葉のパセリはカーリーパセリと呼ばれる品種です。


2つの品種を比較すると、イタリアンパセリのほうが香りや味にクセがありません。

ですから、日本でよく食べられるカーリーパセリは香りや苦味にクセがあって苦手な人がいます。



だからこそ、パセリの香りや苦味があまり気にならずおいしく食べられるコツやレシピもあなたに紹介しますね。
paseri3

パセリに含まれる驚きの栄養素の多さとたくさんの効能


では、さっそくパセリの栄養価の高さについてお話ししていきましょう。


パセリは、カロテンやビタミンB群やビタミンCを豊富に含む緑黄色野菜です。

さらに、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルも豊富に含んでいます。



たとえば、パセリに含まれる鉄分はほうれん草のなんと約4倍。


100グラムあたりに含まれるカルシウムとカリウムの量は、どちらも野菜の中で1位です。

カロリーは100グラム当たり44キロカロリーと、野菜の中では低カロリーではありません。

でも、食物繊維の量が野菜の中ではトップクラスで、ダイエットや便秘解消の効能が高いですよ。



そして、パセリと言えばあの特徴的な香りです。

あの特徴的な香りの成分は、「アピオール」という精油成分です。

アピオールには、食欲増進・疲労回復・口臭予防などの嬉しい効能がたくさんあります。



パセリは、食べるだけでたくさんの栄養素を補うだけじゃなく、たくさんの効能とメリットも得られるんですね。


パセリの栄養を失わない3つの保存方法


いくらパセリの栄養価が高くても、その素晴らしい栄養価を失うような保存方法をしては意味がありません。

そこで、パセリの保存方法についてまとめます。


パセリの保存は常温より冷蔵がおすすめ


パセリを保存する温度は、常温よりも0℃付近の冷蔵の方がいいでしょう。


常温保存もできますが、冷蔵庫で保存した方がパセリの鮮やかな緑を保つことができます。

冷蔵保存しておけば、1週間くらいは持ちますよ。


パセリを乾燥させることで長期保存できる


パセリを生のまま野菜室で冷蔵保存するのもいいですが、乾燥させることで長期保存できます。


やり方は電子レンジで簡単にできます。

電子レンジにキッチンペーパーをしいて、その上に水気を取ったパセリを並べます。

2分加熱したら、全体を混ぜて再び2分加熱します。


まだ乾燥しきっていないようなら、さらに1分くらい加熱をして湿り気を飛ばします。

乾燥させたドライパセリは、ビニール袋や密閉袋などに入れて冷蔵庫で保存してください。


これで1ヶ月くらいは保存できるようになります。


パセリの保存でおすすめは冷凍保存


冷蔵保存や乾燥保存もいいですが、個人的に一番おすすめなのは冷凍保存です。


保存方法がとても簡単ですし、一度に大量に保存することができます。

しかも、冷凍保存したパセリは料理に使うときにすごく使いやすいんですよ。


パセリの冷凍保存のやり方は、洗って水気を取ったパセリをビニール袋に入れて冷凍庫で保存するだけ。

これで、1ヶ月くらいは十分に持ちますよ。


しかも、使うときはビニール袋の上から手でもむと簡単に細かくなるので、包丁を使って切る手間がなくなってとても便利です。

fryingpan2

パセリをいろんな料理に使える簡単なコツとおいしいレシピ


いくらパセリの栄養価が高くても、食べなければ何の効能も効果も期待できません。


だからと言って、毎日のようにパセリを付け合わせで食べるために肉料理にするのは逆に健康面で心配があります。

じゃあ、どうしたらパセリをおいしく健康的に食べることができるのでしょうか?



心配はいりません。

簡単なコツで、パセリをつけあわせだけじゃなくいろいろな形でおいしく食べることができます。


パセリはゆでて食べると食べやすくなる


パセリは苦みが強いので苦手な人が多いです。

特に、苦みに敏感な子供は食べるのに抵抗が強いでしょう。


そこで、パセリをゆでて食べるのがおすすめ。


パセリは茹でることで苦みが減るので食べやすくなります。

茹でたパセリを白和えにするともっとおいしく食べられますよ。


パセリをネギのかわりに料理に使う


パセリって料理の付け合わせにしか使えないと思ったら大間違いです。


パセリは、細かくすればいろいろな料理に使うことができます。



たとえば、ネギの代わりにチャーハンや野菜スープやみそ汁の具材として使えます。

パセリの香りが加わって、チャーハンやみそ汁がさらにおいしく感じられますよ。


カレーライスにかけて食べるのも香りが立っておいしいですね。




ここで活躍するのが、さっき紹介した冷凍保存パセリです。

冷凍状態のパセリを袋の上から手でもんで細かくして、冷凍のままチャーハンやスープに入れて加熱調理できます。

わざわざ、パセリを包丁でみじん切りにする必要がないんです。



パセリを冷凍庫から出したら、すぐに手で簡単に細かくできてそのまま料理に使えるので、調理の手間も時間も短縮できてとても便利ですよ。


いろんな料理と相性バッチリのパセリバター


細かくしたパセリを使ったレシピをもう1つ紹介しましょう。

いろんな料理と相性のいいパセリバターです。



材料は、パセリ1束に対してバター60グラムとニンニク2片(チューブでも大丈夫)です。

フライパンにバターを熱して溶かし、みじん切りにしたにんにくと細かくしたパセリを一緒に入れて炒めるだけで完成。



これだけでできちゃうパセリバターは、エスカルゴソースとも呼ばれていて肉料理だけじゃなく魚介類などいろいろな食材とよく合います。


焼いた肉のソース以外に、たとえば焼き魚や焼きはまぐりに使ってもおいしいですよ。

drink

子供でもおいしく飲めるパセリジュース


最後に、聞いてびっくりのパセリジュースを紹介します。


グリーンスムージーのように、ミキサー1つで簡単に作れます。

それに、ジュースにすれば小さい子供でもおいしく飲めてパセリの栄養素を手軽に補うことができますよ。



材料は、パセリ50グラムにみかん2個だけです。

皮をむいたみかんとパセリをミキサーで一緒に30秒かけるだけ。

これだけで、おいしいパセリジュースの出来上がりです。



砂糖も塩も甘味料などの添加物も入っていない、まさに無添加の健康ジュースです。

飲んだときにほのかなパセリの香りがあり、みかんの甘みと酸味にパセリのほのかな苦味がよくマッチして飲みやすいパセリジュースですよ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

yasaiwotoru

Author:yasaiwotoru
FC2ブログへようこそ!