高い美容効果が期待できる2つの鍋料理のレシピと簡単なひと工夫

woman

寒い冬に欠かせない野菜料理が鍋です。

あったかい鍋料理は、冷えた体をあたためてくれるだけじゃなく、たっぷりの温野菜を食べやすくすることもできる体に嬉しい野菜料理です。


鍋に入れる材料をいろいろと工夫することで、野菜たっぷりに作ることができます。

さらに、野菜以外の具材も工夫することでさらに栄養価がアップします。


前回の記事では、免疫力が落ちやすい冬の季節にピッタリの免疫力アップや風邪予防の効果が期待できる鍋料理のレシピを紹介しました。
いつもの鍋料理の栄養価が簡単にアップするコツとおすすめレシピ4選


これだけでも冬には嬉しい鍋料理ですが、今回は美容効果の高い鍋料理のレシピをあなたに紹介します。

前回に紹介した鍋料理と今回の鍋料理で、冬に健康と美容を心配することなく乗り越えることができるようになるでしょう。
nabe2

肌の老化が気になるときにおすすめの塩レモン鍋


まずは、美肌効果が期待できる鍋料理を紹介します。


それは、パクチー入りの塩レモン鍋です。

鍋にレモンを入れるなんて、聞いたことがないとあなたはビックリしたかもしれません。



でも、レモンを鍋に入れるとさっぱりした風味と香りが出ておいしくなるんですよ。

さらに、美肌効果の高いビタミンCのかたまりとも言えるレモンが入っているんです。


これは、もう肌がきれいになりそうだと誰もが想像できますよね。



しかも、カロリーが少なくヘルシーなので、ダイエット中でも気にせず食べられますよ。


パクチー入り塩レモン鍋のレシピ(2人前)


作り方は簡単です。

水600ccに対して、鶏がらスープの素を大さじ2杯と塩小さじ1杯を入れるだけでスープが完成します。

スープを鍋で沸騰させたら、鶏肉や白菜・キャベツ・長ネギなどの野菜をたっぷり入れて煮込みましょう。

鶏肉や野菜に火が通ったら、レモンの薄切りをたくさん浮かべてひと煮立ちさせます。


レモンは火を通しすぎると苦味が出てしまうので、必ず他の具材に火が通った後に乗せるようにしてください。

また、レモンを無理に食べる必要はありません。


レモンをのせてひと煮立ちしたら、最後にパクチーを乗せます。

パクチーは、抗酸化作用の強いビタミンCやベータカロテンが豊富に含まれる緑黄色野菜です。


だから、パクチーを鍋に加えることで肌の老化を遅らせる効能が期待できるんです。

レモンとパクチーのダブルパワーで、美肌のきれいな冬を過ごすことができますよ。



みそと違ってさっぱりした塩スープには鶏肉がよく合いますが、豚肉も合うと思います。

入れる野菜は、鍋でおなじみの白菜やネギなどを適当に切ってたっぷり入れましょう。


サッパリした鍋なので、パクチー以外の煮込む野菜は緑黄色野菜より淡色野菜のほうが合うでしょう。
(その分、緑黄色野菜は他の野菜料理で補うようにしてください)

avocado

血液をサラサラにするアボカドとトマトのオリーブオイル鍋(4人前)


次に紹介する鍋料理は、血液をサラサラにする効能のあるアボカドとトマトを使った鍋料理です。


アボカドには、血液をサラサラにするビタミンEやオレイン酸がとても豊富に含まれています。

このビタミンEやオレイン酸などの栄養素が血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしてくれて動脈硬化を予防してくれるんです。



1日に1個のアボカドを食べると動脈硬化のリスクが減少することが、2014年にアメリカのペンシルベニア州立大学の研究で発表されたくらいです。
アボカドは栄養価が高い果実!その栄養をもっとアップさせる食べ方


そして、トマトには血液をサラサラにするほかに美容や健康にとてもよい効果のある有名な成分リコピンがすごくたくさん含まれていますね。


リコピンの素晴らしい効能はこちらです。
トマトに含まれるリコピンの嬉しい効能とおいしいトマトの選び方


冬は寒くて血管が収縮してしまうので、動脈硬化や心筋梗塞のリスクが高くなる季節と言われています。

そんな冬を、アボカドとトマトを使った鍋料理で血液サラサラにして乗り切りましょう。


アボカドとトマトのオリーブオイル鍋のレシピ


材料
オリーブオイル:100グラム
にんにく:半分
唐辛子:1本
アンチョビ:フィレ5枚
長ネギ:1本
トマトジュース:170cc
水:850cc
チキンスープの素:1つまみ
パルミジャーノ(粉チーズ):大さじ1杯
塩:3グラム


鍋にオリーブオイルを入れて、あら刻みしたニンニク、唐辛子、長ネギ、アンチョビを焦げないようにしっかり炒めます。

炒め終わったら、唐辛子は取り出してください。

これがスープのもとになります。



ここに、トマトジュースを入れて煮込み、水を加えて塩で味を整えればスープの完成です。

できあがったスープに、お好みで野菜を入れます。

イタリアンのテイストの鍋なので、入れる野菜はズッキーニやサニーレタスがよく合いますよ。


ズッキーニやサニーレタスは、カロテンやミネラルが他の野菜よりとても多く含まれているので、ズッキーニやサニーレタスを使うととても栄養価の高い鍋に仕上がります。
夏野菜の中でも特におすすめで食べやすい外国野菜のズッキーニ
レタスの種類と栄養を徹底解説。おいしく食べられる簡単レシピも


野菜だけじゃ寂しいと思ったら、鶏の胸肉やエビを入れると賑やかになりますし、スープに味が出てさらに美味しくなりますよ。

具材を入れたら、鶏がらスープの素と粉チーズを入れて味を整えます。


そうしたら、ついに主役の登場です。

食べやすい大きさにスライスしたアボカドと、湯むきしたトマトをたっぷり乗せましょう。

これで、栄養満点で見た目も鮮やかなアボカドとトマトのオリーブオイル鍋の完成です。



おすすめの食べ方は、小皿に取った具材にさらにオリーブオイルをかけて食べてください。

オリーブオイルにも血液をサラサラにするオレイン酸が豊富に含まれています。



オリーブオイルをさらにかけて食べることで、血液サラサラの効果がもっとアップします。

小皿に取るときに鍋のスープはあまり取らずに残しておいて、鍋のシメに残ったスープでパスタをゆでて食べるとスープをムダにしないで最後まで美味しく食べられますよ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

yasaiwotoru

Author:yasaiwotoru
FC2ブログへようこそ!