野菜嫌いがどうしても治らない2つの理由と2つの解決法

bentou

自分が野菜不足なのは十分にわかっている。

毎日コンビニの弁当ばかりで、栄養素が足りていないと思っている。

脂っこいものや糖質の多い食べ物ばかりついつい食べてしまってダイエットにも良くない食生活。


わかっちゃいるけど、やめられない!


あなたはこんな葛藤と挫折の毎日を繰り返していませんか?



自分が野菜不足ってわかっているのに、どうしてなかなか解消する行動をとれないのでしょうか?

野菜不足がずっと続くと、風邪や貧血になりやすくなるなど健康面に問題が出るだけではありません。

ニキビや肌荒れなどの美容にも野菜不足は悪影響を与えます。
野菜不足が続くことによる体への悪影響と意外な症状4つ


自分自身の体にそんな重大な問題が起こるにも関わらず、野菜不足の食生活を変えないのはなぜでしょう?

意志の問題だけと片づけるのはやめましょう。

つきつめていくと、意外と根深い問題だったりするんですよ。


その原因や理由は何なのかをしっかり判明させておきましょう。

そうすることで、野菜不足の生活を改善することができますよ。


闇雲に野菜不足や栄養不足の解消に取りかかる前に、まずは現状把握と準備も大切です。
shock

あなたの野菜不足の生活はいつから続いていますか?


突然ですが、あなたは野菜不足の生活をいつくらいから続けていますか?


物心ついた子供の時代からずっと?

小学生くらいのころから?

高校生の思春期くらいから?

学校を卒業して社会人になって一人暮らしを始めたころから?

社会人生活を続けているうちに?



ちょっと思い返してみてください。

思い返してみると、多くの人が野菜不足になる時期は子供のころからずっとか社会人になってからのどちらかなんです。


子供のころから野菜を食べない生活が続いている理由


では、子供のころから野菜をあまり食べないというケースについて考えてみましょう。

あなたが小さいころから野菜をあまり食べてこなかったと思うのなら、以下の理由で思い当たる点があるんじゃないでしょうか?


野菜を食べない家庭環境だった


両親が野菜嫌いだったり、料理を作るのが嫌いだったりする場合です。


野菜たっぷりの野菜料理がほとんど夕食などに食卓に並んでいなかった。

スーパーなどで買ってきたものやインスタント食品ばかりが食卓に並んでいた。



こんな家庭環境で育ってきたので、野菜を食べる意識があまりついてこなかったわけです。


大人になっても野菜を使った料理をあまり選ぼうとしない。

自分で野菜料理を作ろうとしない。

それで、野菜不足がずっと続いてしまうんです。


子供の頃のトラウマで野菜嫌いが治らない


子供の頃は、野菜嫌いであることが珍しくありません。

それは、野菜の苦味を子供の体は毒だと考えて避けてしまうことがあるからです。

特に、ピーマン嫌いの子が多いのは、ピーマンの独特の苦みを毒性と感じ取ってしまうことがあるからなんです。
野菜嫌いの子供に野菜をおいしく食べてもらえる意外な3つのコツ


この理由で野菜を食べないのなら、大人になれば自然と治っていくものでそんなに心配はいりません。

しかし、それを無理に食べさせてしまうと話は別です。


親が無理に食べさせたり、食べることを強要したりして、体が思いっきり拒否する中で食べたら、そのときの体の拒否感は半端ではありません。

その体験がトラウマになって、大人になってもそのときの恐怖で食べられないということがあるんです。

これは、大袈裟でもなんでもなく本当にそういうことがあるんです。


大人になれば、自然と食べられるようになっていたかもしれないのに・・・

fryingpan

子供時代から野菜を食べてない野菜不足生活の解決法


子供のころから野菜を食べる習慣がなかった。

無理に野菜を食べたときのトラウマがまだ残っている。

こんな理由で大人になっても野菜を食べられていない。


そんなあなたに、おすすめの解決方法を教えます。


まずは野菜を普段の食生活に取り入れる


子供のころに野菜を食べるチャンスが少なかったあなたは、まず普段から野菜を多く取り入れることを心がけましょう。

なるべく野菜が入った料理を食べることを心がけるんです。



「それだけ?」とか「当たり前じゃ・・・」とあなたは思ったでしょうけど、これが意外と効果的なんです。

今まで野菜を食べるチャンスが少なかったのですから、無意識に野菜を食べることを習慣的に避けてしまっているものです。


だから、意識して野菜を食べることを選ぶだけでも効果的なんです。


意識すると言っても、毎日ちゃんと自炊して野菜料理をつくらないといけないと気構えることはありません。

コンビニで食事を買うことが多い一人暮らしでも、野菜不足にならないようにできる簡単なコツがあります。
超簡単!コンビニで買う食事でも野菜不足を解消できる3つのコツ


野菜に慣れることから始める


子供の頃のトラウマがあって食べられない野菜があるという場合は、野菜に慣れることから始めるしかありません。

ただの食べず嫌いの状態になっているだけだったりもするので、思い切って食べたら意外と普通に食べられたという結果もあります。


でも、どうしても食べるのが無理ならいきなり生野菜の状態で口にたくさん頬張って食べろとは言いません。

まずは、加工された形から慣れるようにしていきましょう。


たとえば、ピーマンだったら細かく切って野菜炒めに混ぜて食べるとか。

トマトだったら、トマトジュースや野菜ジュースを飲んでトマトの味に慣れるとか。

そこが第一歩となります。



まずは、野菜を口に入れて食べられているという事実を自分でしっかり感じるようにしましょう。

それを少しずつ意識して続けていくことで、野菜への苦手意識がなくなっていきますよ。




にほんブログ村
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

yasaiwotoru

Author:yasaiwotoru
FC2ブログへようこそ!