FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

なめこの豊富な栄養と効能を夏でもサッパリ補えるおすすめレシピ

sun

今年の夏は日本全国的に雨が少なく暑い日が多いですね。


暑さに負けて夏バテしてませんか?

体調を崩さないように、しっかり野菜を食べてビタミン不足なんかにならないようにしましょう。



でも、暑さであまり食欲がない。

何か食べる気があまりしない。



そんな状態になってしまうのもわかります。


だからと言って、食べやすいそうめんくらいで簡単に済ませてしまうとますます野菜不足になります。

1日分の野菜350グラムを毎日食べることが難しくなります。


そして、野菜不足になった体には多くの異変が起きてしまいます。
野菜不足が続くことによる体への悪影響と意外な症状4つ


そうは言っても、やっぱり暑さで体が食べ物を受け付けてくれない。

そんなときは、さっぱり食べやすい野菜やキノコがおすすめ。



今回は、その中で「なめこ」についてお話しします。

あのネバネバしたぬめりが特徴的ななめこ。



味噌汁などであなたも一度はなめこを食べたことがあるでしょう。

夏の暑さでも食べやすく、緑黄色野菜でないのに栄養価や効能も意外とあなどれないんです。



なめこのパワーを今回の記事でしっかり知ってください。
nameko

なめこは夏でも1年中でもおいしいものが食べられる


最初に、なめこの旬についてお話しします。


なめこの旬は9月から11月です。

え?それじゃ夏にピッタリと言えないのでは?


あなたはそう思ったかもしれません。


しかし、なめこの旬が9月から11月と言うのは天然のなめこの場合です。

今では、栽培技術が発達して室内でも1年中おいしいなめこが作れるようになりました。


だから、1年を通しておいしいなめこが販売されています。



栽培方法には原木栽培と菌床栽培があります。

一般的に流通しているなめこのほとんどが菌床栽培品です。


実は、種菌や栽培キットも一般販売されているので、あなたの自宅でも家庭栽培が簡単にできます。

1年を通していつもおいしいものが食べられるようになっているのが、なめこの嬉しいメリットの1つなんです。


なめこを夏におすすめする効能やメリット


では、なめこは1年中おいしい栽培ものが食べられるというのに、夏にピッタリと言える理由は何だと思いますか?

それは、なめこの栄養成分にあります。



なめこの栄養価は、夏におすすめできるところが多いんです。


水分が多くてカロリーが低い


あなたのイメージにないかもしれませんが、実はなめこはおよそ95%が水分なんです。

これは、「世界一栄養価が低い」とギネス世界記録に掲載されたことがある淡色野菜のきゅうりと同じくらいの水分割合です。
ギネスに載った野菜きゅうりを食べるときのたった1つのコツ


水分が多いので、夏の水分補給にはピッタリですよ。

また、水分が多いということは低カロリーです。


なんと100グラムあたり15キロカロリーと非常にカロリーが低いです。

ダイエットには嬉しい効果ですね。


ビタミンもちゃんと含まれている


なめこは水分だけではなく、ちゃんとビタミンも含まれていますよ。

たとえば、ナイアシンがそうです。



ナイアシンはビタミンB3とも呼ばれるビタミンB群の仲間です。

糖質や脂質を燃焼させてエネルギーを作り出すときや、二日酔いの原因となるアルコールを分解するときに働く酵素を助けてくれます。


ビタミンB群のほかにも、葉酸やミネラルを量はそれほど多くないもののバランスよく幅広く含んでいますよ。


食物繊維がたっぷり含まれている


なめこと言えば、あのネバネバでしょう。

オクラや納豆もネバネバが特徴です。

あのネバネバは、水溶性の食物繊維です。
(昔はムチンと呼ばれていたこともありました)

目の表面や胃腸の粘膜にもある成分なので、胃の壁や粘膜を保護して胃炎や胃潰瘍などの病気を予防してくれます。


さらに、目の保護でドライアイを治す効能もあります。

また、粘膜が保護されることでアレルギー症状の予防や改善効果も期待できます。



他には肝臓や腎臓などの内臓の働きを強くしたり、タンパク質の消化吸収を促進する働きもあります。

腎臓が強くなれば、むくみや高血圧の改善効果も期待できます。


なめこには、ベータグルカンという不溶性の食物繊維も含まれています。

ベータグルカンは、免疫力を高めてガンを治してくれる期待ができると注目されているんです。

免疫力を決めるマクロファージやリンパ球を刺激して、体の免疫力を高めてくれるからです。




ガン細胞の増殖をを抑えてくれるだけでなく、コレステロール値の低下の効果もあります。

ダイエットや生活習慣病が気になる時にはピッタリです。




なめこのぬめりには、食物繊維がたっぷり含まれています。

と言うことは、食物繊維で腸内環境を改善して便秘を解消する効能もあります。


美肌効果もある


なめこのネバネバしたぬめりには、コンドロイチンが含まれています。

コンドロイチンはひざなどの関節にある軟骨の主成分として有名です。



実は、コンドロイチンには体の組織に保水や弾力を与えることで潤いとハリのある肌を保つ作用もあるんです。

だから、コンドロイチンは関節痛のサプリメントだけでなく保湿成分として化粧品に配合されていることもあるんです。

コンドロイチンたっぷりのなめこを食べることで、保湿とツヤを保った美肌に改善する効果が期待できます。



また、なめこに限らずシイタケなどのキノコに多く含まれる糖質の一種「トレハロース」も、なめこに含まれています。

トレハロースは高い保湿力があり、乾燥肌のケアや肌の細胞を保護する効果が期待できます。


ここまで読んで、なめこにはたくさんの嬉しい効能があることがあなたも分かったと思います。
  • 胃を保護して胃炎や胃潰瘍を予防
  • ドライアイの予防
  • 免疫力アップ
  • 内臓を強くする
  • ガン細胞を抑える
  • コレステロールの低下
  • 便秘解消
  • 美肌効果


こんなにたくさんの効能がなめこにはあるんですね。


なめこの賞味期限と保存方法


なめこには嬉しい効能がたくさんありますが、意外と賞味期限が短いので注意です。

野菜やキノコ類は、賞味期限の記載が義務付けられていません。

特に、夏の季節は足が早い野菜を腐らせてしまうケースが多いです。



なめこも例外ではありません。

なめこの保存の目安として、通常のパックは3日、真空パックは1週間と思ってください。

真空パックでも開封すると空気に触れるので、開けたら3日以内に使い切るようにしましょう。



1度に使い切れないときは、余った分を冷蔵庫で保存しましょう。

1つ1つバラバラになっていないなめこならば、石づき(下のキノコ同士がくっついている部分)は切り落とさずに使う分だけを割いて調理します。

残ったなめこは、ラップに包むかタッパーやジップ付き袋に入れて冷蔵保存します。



パックから出したなめこは、生のままなら1日や2日、ゆでたとしても3日くらいが賞味期限です。

なめこは、それくらい腐りやすいので保存方法や余ったものには注意してください。

冷凍保存すれば、1ヶ月くらいはもちますよ。

misosoup

なめこを使った食べやすくておいしい簡単レシピ


では、最後になめこを夏でも簡単においしく食べられるようになるレシピを紹介します。

レシピと言っても、今回紹介するなめこ料理は簡単なものばかり。



特に、レシピの中に分量や調理時間などを書く必要がないくらい簡単なものばかりです。

一人暮らしにはもちろん、普段あまり料理をしない人でも簡単に作れますよ。



なめこには、ビタミン群やミネラルが量は多くないもののバランスよく含まれています。

だから、なめこを使った料理を普段の食事に一品追加するだけで栄養をバランスよく補うことができるんです。


なめこおろしそば


夏にサッパリ食べられるレシピです。


そばを茹でて器にあけ、そこに大根おろしと茹でたなめこをお好みの量を乗せて、そばつゆをかけて和えるだけで完成。

薬味にネギを入れると、もっとサッパリしますし栄養価もアップします。



そうめんだけですませるくらいなら、なめこおろしそばを食べたほうがなめこの栄養成分を補うことができておすすめです。

そばを食べた後にそば湯を入れて、なめこ汁にするのもなめこおろしそばの楽しみの1つです。


味噌汁


なめこ料理の王道とも言える、なめこのみそ汁です。

なめこでとろとろの食感になったみそ汁はとてもおいしいですよね。



入れるなめこは、生の場合はザルに入れてゴミや汚れをサッと洗うくらいの感じで洗い流します。

そして、そのままみそ汁に入れて煮るだけです。

なめこだけでなくキャベツなどの野菜をたくさん入れると、野菜たっぷり栄養たっぷりのみそ汁が完成します。


なめこのぬめり成分は熱に弱いので、60度以上で加熱し続けると効果が弱くなってしまいます。

そこで、なめこを味噌汁に入れるのは最後にして、サッと湯通しするくらいの時間で完成させるようにしてください。


さっきお話しした冷凍保存のなめこなら、解凍せずにみそ汁にそのまま入れて調理できるので、保存するにも料理に使うにも便利です。




にほんブログ村
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

yasaiwotoru

Author:yasaiwotoru
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。