FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

生野菜のサラダは野菜不足の解消にどれくらい効果があるのか?

salada2

野菜不足を解消する方法の1つに、野菜をとにかく食べることがあります。

当たり前のことですが、普段から野菜を食べることを意識することが野菜不足の解消に大切です。


野菜を摂る料理やレシピはたくさんあります。

その中でも、まずイメージするのが「サラダ」でしょう。



サラダはほぼ野菜だけで作る料理ですし、作るにも手軽さがあります。

また、コンビニなどのお店でもサラダはいろいろな種類が売られています。


だから、野菜不足が気になったらまずサラダを買ったり作ったりして食べる人が多いです。

あなたも野菜不足が気になって、とりあえず野菜サラダを食べたことはきっとあるでしょう。



でも、サラダを食べることは本当に野菜不足を解決する効果的な方法なのでしょうか?


野菜がいっぱい使われているから大丈夫。

あなたはそう考えて、とりあえずサラダを食べて野菜不足を解決した気になっていませんか?



実は、野菜サラダをただ食べているだけではあまり野菜不足を解消する効果が期待できないんです。

その驚きの理由と、野菜不足を解消する効果が高いサラダの食べ方をあなたに紹介します。
salada

野菜サラダが野菜不足の解消の効果が高くない理由


サラダを食べることが野菜不足を解消する効果が低い理由。

それは、サラダの内容にあります。


サラダに使われている野菜を見ると、その原因が見えてきます。


野菜の種類が少ない


一般的によく食べられているサラダをイメージしてもらうとわかります。

ちょっと、あなたも「サラダ」と言われて思い浮かぶものを頭の中にイメージしてください。


どんな画が浮かびましたか?



レタスがたっぷり入っていて、その上にキュウリなどがちょこちょこ乗っているのをイメージしましたか?

それとも、ポテトサラダ?

オシャレにシーザーサラダでしょうか?


このようなサラダは、実は使われている野菜の種類がそんなに多くないんです。

ですから、食べる野菜の種類が偏ってしまい、栄養素も偏ってしまうわけです。


生野菜のままだと量を多く食べられない


野菜は生のままだとたくさんの量を食べられません。

逆に、ゆでたり炒めたりすると、かさが減るので多く食べることができます。


生野菜のサラダでは、厚生労働省が推奨する1日分の野菜摂取量350グラムを食べるのは大変です。

サラダでたくさん野菜を食べたつもりでも、意外と量はそんなでもない。


これに気づかず、サラダを食べただけで満足してしまい知らないうちに野菜不足に陥ってしまう危険もあります。


サラダでは緑黄色野菜が摂りづらい


一般的なサラダは、レタスなどの淡色野菜が多く使われています。

緑黄色野菜の量が圧倒的に少ないです。



緑黄色野菜は、ニンジンやカボチャなど生のままでサラダに使うのには難しい野菜も多いです。

そのため、サラダだけでは緑黄色野菜を自然と食べなくなってしまうんです。


推奨されている1日分の野菜摂取量350グラムのうち、緑黄色野菜の目標摂取量は120グラム。

この120グラムをサラダだけではなかなか達成できないんです。


脂溶性ビタミンが摂れない


野菜にたっぷり含まれるビタミンは大きく分けて2種類あります。

それは、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンです。



脂溶性ビタミンは、その名の通り油に溶けやすいビタミンです。

そして、水溶性ビタミンは水に溶けやすいです。


脂溶性ビタミンは、油と一緒に調理して食べることで体に効率的に吸収されます。

生野菜のサラダの場合、油を使っていないので脂溶性ビタミンをうまくとれていないんです。


いくら野菜をたくさん食べても、栄養素をうまく吸収できなければ食べる意味がありません。


野菜不足を補うのを野菜サラダだけに頼るのはよくない


誤解のないように言っておきますが、サラダを食べることが全く無意味と言っているのではありません。

サラダで野菜と栄養を摂るのはとても良いことです。


脂っこい肉やカロリーの高いお菓子をたくさん食べるくらいなら、野菜サラダを食べるほうが断然良いです。

サラダは脂肪やカロリーが少なくヘルシーですからね。


ただし、野菜不足の解消にサラダだけに頼るのはよくありません。

サラダを食べているから野菜は足りていると思いこまないことが大切なんです。

misosoup

野菜サラダのほかに野菜を効率的に食べられるおすすめの方法


では、最後にサラダに頼り切らずに野菜を効率的に摂取するコツを教えます。


緑黄色野菜は油で炒める


脂溶性ビタミンについてあなたに先ほど説明しました。

油に溶けやすい脂溶性ビタミンは、特に緑黄色野菜に多く含まれます。


そこで、ニンジンなどの緑黄色野菜は油で炒めて食べることをおすすめします。


クレソンは、オリーブオイル漬けにしておくと栄養の吸収率がアップするのでおすすめ。
栄養価トップの野菜クレソンを栄養アップさせて長く保存できる方法


味噌汁や野菜スープに野菜をたくさん使う


みそ汁や野菜スープは、野菜をいろいろな種類たくさん使えるのでおすすめです。

加熱することで、野菜のかさも減ってたくさん食べることができます。


野菜たっぷりのみそ汁やスープは、野菜不足の解消にとても心強いですよ。

ただし、加熱しすぎると壊れてしまうビタミンもあるので、あまり加熱時間を長くし過ぎないのがコツです。


生野菜のサラダだけで野菜不足を補うのはとても難しいことです。

加熱調理もうまく活用して、効率的に野菜不足を解消してくださいね。



健康食品・サプリメント ブログランキングへ


にほんブログ村
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

yasaiwotoru

Author:yasaiwotoru
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。