FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ナスを暑い季節でもさっぱりおいしく食べられるおすすめレシピ2選

eggplant

前回の記事で、夏野菜の代表格とも言えるナスについてまとめました。


ナスは、きゅうりと同じように90%以上が水分の淡色野菜です。

そのため、トマトなどの緑黄色野菜と違って栄養があまりないイメージがあるかもしれません。

実際、ナスに含まれるビタミンの量は他の野菜と比較してそれほど多くありません。


しかし、ナスには食物繊維とポリフェノールが豊富に含まれています。

特に、ナスに含まれるポリフェノールは「ナスニン」というナス特有の成分です。



ナスニンをとることによって、眼精疲労の改善や血液をサラサラにする効果が期待できます。

水分ばかりとナスを敬遠せずに、ぜひナスを食べてみてはどうでしょうか?
ナスは栄養がないから食べても効果なしはウソ?ナスの驚きの効能


ナスを使った野菜料理の種類はたくさんあります。

焼きナス、煮物、みそ田楽、煮びたし、夏野菜たっぷりのカレーなど、レシピには困らないくらいですね。


今回は、ナスを長期間おいしく保存するためのコツ、そして夏にピッタリのレシピを紹介します。

簡単でおいしいナス料理を作って食べて、秋になるまでの暑い夏を乗り切っちゃいましょう。
eggplant3

ナスを夏の時期でもおいしく保存する方法


ナスは90%以上が水分です。

そこで、いかに水分を無駄に失わせないかが大事になります。


ナスの旬は夏です。

夏は暑い季節なので、特に水分が蒸発しやすく注意が必要です。


生野菜のナスはラップで包んで野菜室に入れる


ナスは少しの期間であれば常温保存でも大丈夫ですが、夏場だと2~3日が限度です。


生野菜のまま1週間くらい保存したいのなら、冷蔵庫の野菜室で保存するのがおすすめです。

ナスやジャガイモなどは低温環境に弱いので、低温の冷蔵室に入れると冷蔵障害を起こしやすいです。

そのため、冷蔵保存をすると果肉が硬くなっておいしさが失われることがあります。



また、水分が飛ばないようにラップで1つ1つ包んで野菜室に入れるとさらによいでしょう。

常温保存でも、水分がなくならないようにビニール袋か新聞紙に包んでください。


冷凍保存するときは薄切りにする


ナスを5mmくらいの薄切りにしたあと、ポリ袋などに入れれば冷凍庫で冷凍できるんです。

もしアク抜きをしたい場合は、薄切りにしたナスを10分くらい水か塩水につけてから水を切って冷凍保存してください。

冷凍保存すれば、1ヶ月から2ヶ月くらいは十分に大丈夫です。



保存しておいたナスを使うときは、凍ったまま野菜炒めなどの料理に使います。

冷凍したナスを解凍するとべチャッとなるので、凍ったまま炒める調理法がおすすめです。


ナスは油と相性がいいので、炒め物にするとおいしくなります。

炒め物以外でも、カレーやマーボーナスの具にするのもおすすめです。


干しナスにしても長期保存が可能


意外かもしれませんが、ナスを天日干しすることもできるんです。

ザルの上に縦に半分に切ったナスを並べて天日で干すとうまみがアップします。

2~3時間くらい干しただけでもうまみがアップするので、保存のためでなく味のために天日干しするのもいいかもしれません。


そのまま長時間干して水分をすっかり飛ばして乾物にすれば、長期保存が可能です。

乾物になったナスは、使うときに水で戻して煮物や味噌汁などの料理に使えます。

eggplant2

夏にサッパリ食べられる簡単なナス料理のレシピ


最後に、夏にピッタリのナス料理のレシピを2つ紹介します。

簡単でおいしく、暑い夏でもサッパリ食べられます。

お酒のおつまみにもいいですし、一人暮らしの人でもおかずにするのにおすすめですよ。


焼きナスのおひたし


過去にクックパッドで話題が出て人気になった、夏でもサッパリ食べられるナスのおひたしのレシピです。

あたたかいうちに食べてもおいしいですし、冷めてもおいしく食べられます。

大人だけでなく子供でもおいしく食べられますよ。


作り方
①ナスを縦方向に4等分する切り方で切る
②アクが気になる場合は水か塩水に10分間ナスをつけてアク抜きをする
③4つに切ったナスを油で両面炒める
④水で等倍にしためんつゆに、砂糖小さじ1杯・酢大さじ1杯加えて混ぜる
⑤油で炒めたナスにめんつゆをかけて、お好みでネギなどの薬味をかけて完成


ちょっとした裏技も紹介します。

ナスの細胞は、スポンジのような形をしているので油をすごく吸いやすい野菜です。

ダイエット面で油のカロリーが気になる場合は、ナスをレンジで2分加熱すると油の吸収量が少なくなります。


レンジで加熱すると、スポンジに似たナスの細胞の形状が詰まるので油を吸いにくくなるんです。

油の吸収量は変わっても、味や食感はほとんど変わりませんよ。


蒸しナスと鶏肉の梅肉和え


次は、梅干しを使ったナスの料理です。

梅干しやレモンの酸っぱい成分のクエン酸には疲労回復の効果があります。

暑さによる夏バテの疲労回復にはもってこいの料理です。


また、鶏肉を使っているのでとてもヘルシーです。

さらに、ナスや鶏肉は油を使わず蒸して作るので、カロリーも低くてダイエットにもおすすめです。

梅干しを使っていて傷む心配がないので、お弁当のおかずにもいいですね。


作り方
①梅干しを種を取って裏ごしして梅肉にする
(種を取り除いた梅干しを包丁で叩いてつぶして作ってもOK)
②梅肉に氷水を加えて溶いて伸ばす
③蒸した鶏肉に梅肉を和える
④蒸して一口大に切ったナスを添える
⑤刻んだネギを上に添えて完成


この料理では調味料は一切使わず、味付けは梅干しだけです。

塩も砂糖も使わないので、塩分や糖質をカットできる嬉しい料理です。

高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防にもなりますよ。


そして、ちょっとした裏ワザも紹介します。

梅肉を作るときに取り除いた梅干しの種は、ご飯を炊くときに一緒に炊飯器に入れると防腐効果があるんです。


ご飯が傷みやすい夏の季節にはぜひ試していただきたいおすすめの裏ワザです。

さらに、過去記事で紹介した方法でご飯を炊くと、もっと栄養満点のご飯にすることができますよ。
白米のご飯を食べるだけで簡単に野菜不足の栄養を補う驚きの方法





にほんブログ村
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

yasaiwotoru

Author:yasaiwotoru
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。