衝撃の事実!枝豆は夏にピッタリの栄養豊富な緑黄色野菜だった

sun

いよいよ関東甲信越も梅雨入りして、これから夏本番を迎えていきます。

暑くなってくると、体は自然と夏野菜をどんどん欲しがってきます。

夏にピッタリの旬の夏野菜を食べて、厚さを乗り切る栄養をいっぱい補うようにしましょう。



夏野菜と言っても、たくさんの種類があります。

緑黄色野菜での代表的な夏野菜はトマトです。


トマトにはリコピンがたくさん含まれています。

リコピンは、抗酸化作用があり、さらに美容やダイエットにも効果があります。
トマトに含まれるリコピンの嬉しい効能とおいしいトマトの選び方


そして、他に夏野菜で有名なのがきゅうりです。


きゅうりは緑黄色野菜ではない淡色野菜ですが、夏の時期に嬉しい栄養を含んでいます。

豊富な水分があって、カリウムなどのミネラルを含み、夏に食べるにはピッタリです。

さらに、最近の研究ではダイエット効果のある酵素を含んでいることが発見されました。
ギネスに載った野菜きゅうりを食べるときのたった1つのコツ


このトマトときゅうりのほかに、夏のイメージにピッタリの夏野菜があります。

それが「枝豆」です。



夏になると、つい食べたくなってしまう枝豆。

どんなに野菜嫌いでも、枝豆は嫌いという人はいないんじゃないでしょうか?


それくらい枝豆はおいしいですし、ついつい食べたくなっちゃいますよね。


枝豆と言うと、他の野菜と比較して野菜というイメージがないかもしれません。

でも、枝豆は豆類に含まれるのではなく、立派な野菜の一種なんですよ。


しかも、緑黄色野菜なんです。

茶豆、黒豆、だだちゃ豆と種類もいろいろありますが、全て緑黄色野菜です。



今回は、夏につい食べたくなる緑黄色野菜の枝豆についてのお話しです。

枝豆の栄養素について詳しくあなたにお話しします。
edamame

枝豆は豆と緑黄色野菜のいいとこどりの栄養を含む


枝豆とは、豆の種類ではなく実は大豆なんです。

大豆が熟す前に収穫したものなんです。


ですから、大豆と枝豆は兄弟のようなものですね。

魚で言うと、ブリとハマチのような関係性です。
(ハマチが成長するとブリになります)


枝豆はまだ十分に熟していないので、成長途中の段階です。

大豆、つまり豆になりきっていない青い植物のような状態です。


その成長途中の段階で、大豆に含まれるビタミンB1などのビタミンやカロテンなどの栄養素が豊富に含まれています。

しかも、枝豆は分類上は野菜ですが、大豆に含まれるタンパク質も豊富に含んでいます。



つまり、豆と野菜の両方の特徴を持った緑黄色野菜なんです。

そのため、枝豆は緑黄色野菜としての栄養素も大豆としての栄養素も含んでいます。


まさに、豆と野菜のいいとこどりの緑黄色野菜と言えます。


枝豆は大豆にはない栄養も含まれている


枝豆は大豆が熟す前の状態のものです。

それじゃあ、大豆を食べても同じなんじゃ・・・


あなたはそう思いませんでしたか?



実は、枝豆には大豆に含まれていない栄養も含んでいるのです。

それは、ビタミンCやビタミンA、カロテンなどです。


これらのビタミンは大豆には一切含まれていない栄養素なんです。

ビタミン不足が気になるのならおすすめの緑黄色野菜です。



それだけでなく、枝豆には食物繊維やカリウムなどのミネラル、さらに葉酸も含んでいます。

そして、大豆と同様にタンパク質も豊富なんです。


枝豆は、とてもたくさんの栄養をバランスよく含む野菜で、たくさんの栄養を補うことができます。


ですから、枝豆は緑黄色野菜に分類されているんです。


カロリーは大豆より少ない


さらに嬉しいのは、枝豆は大豆よりカロリーが少ないんです。

100グラムあたり135キロカロリーで、大豆のおよそ3分の1です。


このカロリーの低さも嬉しいですね。



そのため、最近では日本だけでなく外国でも枝豆がよく食べられています。


枝豆は、今では海外ではヘルシーフードとして人気です。

英語でも「edamame」という名前で売られています。

beer

枝豆がビールのおつまみにおすすめな理由


夏と言えば、枝豆とビールというのは定番でしょう。

日本人なら誰もがイメージしやすい夏の風物詩とも言えます。


では、枝豆がビールのおつまみとしてよく食べられているのはなぜなのでしょうか?



その理由は、豊富に含まれるビタミンとタンパク質にあります。

ビタミンB1、B2、Cなどのビタミン群とタンパク質にあるアミノ酸の一種メチオニンがアルコールの分解を促します。


アルコールの分解を促してくれることで、肝臓への負担が大きく減ります。

それが、ビールなどのアルコールのおつまみとして最適な理由です。


さらに、食物繊維もたっぷりなので腸をきれいにする整腸作用で便秘解消の効果もあります。

そして、便秘解消だけでなく生活習慣病の予防にも効果があります。


枝豆は栄養が豊富でも食べ過ぎには注意


枝豆は栄養価が高く、大豆と比較してカロリーも低いです。

しかし、食べ過ぎには注意です。


枝豆は大豆と比較して低カロリーですが、100グラムあたり135キロカロリーあります。

実は、夏野菜の緑黄色野菜の代表トマトの19キロカロリーと比較すると高めです。


だから栄養豊富と言っても食べ過ぎには注意ですよ。



枝豆を食べる目安として、1日に100~200グラムがよいでしょう。

200グラムまでならカロリーが300キロカロリー以下になるので、これくらいがちょうど良い量だと思います。


枝豆を多すぎない量を食べて、豊富な栄養をどんどん体に取り入れていきましょう。



次回は、枝豆のおいしいゆで方と冷凍保存の方法についてまとめます。

そして、夏におすすめの枝豆を使った野菜料理のレシピもあなたにお話しします。
枝豆がおいしくなるゆで方のコツと夏にピッタリの枝豆料理のレシピ



健康食品・サプリメント ブログランキングへ


にほんブログ村
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

yasaiwotoru

Author:yasaiwotoru
FC2ブログへようこそ!