FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

野菜嫌いの子供でも大丈夫!偏食を叱らずに楽しく克服できちゃう方法

cooking1

子供の野菜嫌いや偏食は、子育て中のママにとって大きな悩みです。

母乳を飲むころや離乳食を食べるころと違って、2歳くらいになると好き嫌いがはっきり出はじめます。


また、1歳~2歳くらいからはいわゆる「イヤイヤ期」になって、なにかと「食べたくない」と言い出します。

つまり、2歳から3歳の幼児期は野菜を食べない時期のピークと言えます。

ピークを過ぎて5歳くらいになっても、野菜が苦手でずっと食べないなんてことも珍しくありません。


親としては、子供の成長のことを考えるとちゃんと野菜を食べてほしい。

でも、「苦い」「おいしくない」「食べたくない」と言うだけで食べてくれる様子がない。

たとえ食べたとしても、いつも好きな野菜しか食べない。

「野菜もちゃんと食べなさい!!!」と思わず子供を叱りつけてしまって後悔する毎日。


これでは、野菜嫌いが治るどころか食育の面でもよくありません。

親からきつく言われた子供は「ご飯が楽しくない」と思ってしまい、ますます野菜を食べなくなってしまいます。


野菜嫌いのお子さんに1番必要なことは、食卓の楽しい雰囲気なんです。

食事の楽しさがあってこそ、初めて子供たちは野菜を食べる挑戦ができるんです。


でも、頭ではわかっていてもやっぱり心配はつきないでしょう。

野菜を食べるようになるまであたたかく見守りたいけど、食べてくれるまではずっと野菜不足の食生活を送ることになります。

それまでは栄養不足の食生活になってしまいます。


野菜が苦手なお子さんのために野菜を細かく刻んでハンバーグやお好み焼きに混ぜるなど、レシピを工夫しているお母さんもいらっしゃいます。

毎日の献立を考えるだけでも大変なのに、ここまでレシピを工夫するのはもっと大変です。

しかも、細かくした野菜を混ぜて調理できる料理なんてそうそう多くありません。


「毎日ハンバーグを出すわけにもいかないし、もうどうしたらいいのかわからない!」とお手上げのあなたにぜひ試してほしい方法があります。


ひとてまいです。

ひとてまい


たったスプーン1杯をいつもの食事に混ぜるだけで、不足している栄養素を簡単に補うことができちゃうんです。

ひとてまいを使うと、家族団らんの楽しい食事の雰囲気の中で簡単にお子さんの野菜嫌いを治していけますよ。

続きを読む
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

yasaiwotoru

Author:yasaiwotoru
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。